脳波検査

 

脳波検査を主管された方は神経精神生理学教授でイタリア、ドイツ、ボリビアにある多くの大学の教授で脳と人間行動、ストレス、神経系に関する多くの本と論文を発表された方である。

その博士様は脳波検査を通じてメッセージを受けたり顕示を見るのが超自然的な起源から来るものなのか或いは脳の疾患や精神病によるものなのか確認が可能であると言う。脳波には四種類

 

(アルファー波、ベータ波、セータ波、デルタ波)があるが、デルタ波は脱魂状態や昏睡状態の様な無意識状態、生まれて直ぐの新生児にて現れると言う。

通常脳波検査を受ける時静かな部屋で受けなければならないが、ユリア姉妹様の場合多くの人がいるごちゃごちゃし騒々しい状況で検査を受けられたが脳波が正常である事を確認した後、直ぐ何種類かの実験に入る事になる。

イエス様、聖母様、平和、祈りのような単語を覚える事になるが、ユリア姉妹様が上記の単語等を覚える毎にデルタ波が鮮明に現れたがこれは医学的や化学的に説明が不可能であるという。

メッセージを受ける或る姉妹の場合はデルタ波が現れず霊的指導神父様が奉聖対を与えてやっとデルタ波が現れたが、ユリア姉妹様はごちゃごちゃした場であるにもかかわらずデルタ波が2個、3個まで現れた。博士様は「これからは世の中の誰もユリア姉妹様に精神病者であると言えません。」と言った。